50代からでも、自分の大好きなことを探せるのか?

50代男が、大好きなことを探しはじめたらどうなるのか?

「投資はリスク」という人が見落としてる2つの大きなリスク

日経平均株価、ついに過去最高値を更新しましたね。
みなさん、株価上がったこと喜んでいるでしょうか?
FIREとか、新NISAとかで盛り上がっているけれど、株式ってなんだか怖い感じがする人も、まだいると思います。

 

私個人としては、20年以上続けている投資信託がめっちゃ上がってるから、恩恵受けてます。とはいえ、株価が上がると、必ず「自分は恩恵受けてない」「景気には関係ない」みたいな意見が出てくるものです。ただ、バブル期と違って、今は株式投資がかなり一般化してきています。株式投資ってギャンブルだよねー、と言ってる人は、かなり古い価値観を持っていると言わざると得ません。

 

こういう「投資はリスク」と考えてリスクを取らず、銀行預金やタンス預金だけでいることは、それ自体がリスクであるということを、認識できないのだと思います。だから、自分はリスクを相当にとっているにも関わらず、それに気づいていないのです。


リスク1)銀行預金の価値低減

 ここまで株価が上がってくると、それに比較して銀行預金の価値が、相対的に低下しています。株価だけでなく、金に対しても銀行預金の価値は下落しています。今の金利だと、100万円を1年預けても数円しか増えないので、タンス預金とほぼ同義と言えるでしょう。

 

 2015年の日経平均株価は、15000円代だったことを考えると、この10年で銀行預金の価値が、日経平均に対して、50%以下になっているということは、認識しておいたほうがいいです。

 

この10年間で、投資環境は大きく変わりました。NISAなど税制優遇策も始まり、長期投資ではリスクは相当減っています。それどころか、株式投資をしないことのほうが、ハイリスクになっているのです。

 


リスク2)インフレによる現金の価値低減

 もう1つのリスクは、そもそも現金の価値が減っていることです。
デフレ時代には、現金の価値が目減りすることはありませんでしたが、今はインフレの時代。同じ金額で買えるものは減っているわけです。カップラーメンも、この2年で10%以上値上げされているのを考えると、現金の価値は10%以上下がったと言えるわけです。

 

2022年以降、様々なものが値上げされています。インフレ率に賃金上昇が追いついていないので、実質的には賃下げされているようなもの。手元にある現金の金額は変わらないので、価値が減っていることに気がつけない人が多いのかもしれませんが、資産を現金や銀行預金だけで構成するのは、それだけでリスクということですね。

 

 

円安による円の価値の低下は、海外に行かないと実感するのは難しいと思います。同じように、国内での現金の相対的な価値の低下も、気づくのは難しいのかもしれません。ただ、リスクをとっていないつもりで、逆に大きなリスクをとっていた、ということがないように知識はアップデートしておきたいですね。

 

私は1990年代から投資信託をやってきましたが、その当時と比べると、今は株式投資がすごく簡単になっています。NISAなど税金優遇策もあったり、毎月数千円から投資を始められるなど、ハードルもすごく下がっています。もし「株式投資はギャンブル」なんて思っている人がいれば、それが間違いだと早く気づいてもらいたいものです。


ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

私が30年以上続けている3つの習慣

今週のお題は「習慣にしたいこと・していること」です。
ということで、30年以上続けている習慣について書きたいと思います。
私には、30年以上続けている習慣が3つあります。

 

1)毎日の腹筋

 社会人になってから、ずっと続けているのが腹筋です。
 小学生のころ、わりと太っていた私。
 あの時代に戻りたくないという気持ちが強いことが、この習慣を支えています。
 なんで、シックスパックまでは目指していません。

 毎日100回を基本にしていますが、多少ゆるく運用しています。
 あまりガチガチにすると、できなかった自分を罰してしまうので。
 ちなみに、この30年、1回入院した期間がありますし、コロナで動けなかった時などは、さすがに腹筋は一時停止してました。ただ、自分の中ではそういう特殊事情は除いて、習慣化していると認識してます。


2)4階までなら階段で登る

 あなたは階段使ってますか?
 私は階段派です。登りは1段飛ばしが基本。
 まぁ、5階以上の建物の場合、ちょっと悩みますw
 やはり、足腰は鍛えておきませんとね。

 以前はエスカレーターも歩いていたのですが、
 最近は安全のためエスカレーターでは歩かないようにしてました。
 このあたりは、時代や自分の年齢も考えて、行動を変えるようにしています。
 思考の柔軟性も保ちたいです。


3)目覚まし時計は使わない

 朝、目覚まし時計を何度も止めている、という人もいると思います。
 そういう人から見ると、私は異常らしいです。
 中学生のころから、早起きが習慣化していたせいか、
 社会人になっても、目覚まし時計のお世話になることは、
 ほとんどありません。どうしても超早起きしなければいけない時は例外ですが、そんな時でも、目覚まし時計のアラーム音は、1秒くらいで止めます。とはいえ、海外旅行で体内時計が狂うことは避けられませんw

 


以上、私が30年以上続けている3つの習慣でしたが、いかがでしたか?
習慣って、その人の人生のベースを作っているものだと思います。
だからこそ、習慣を知ることで、その人の考え方や生き方が垣間見えるのが、面白いですよね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!


今週のお題「習慣にしたいこと・していること」

「機動戦士ガンダム SEED FREEDOM」は「君たちはどう生きるのか?」に近いものがある

 

もっと能力があれば・・・・
そう思ったことはありませんか?

 

先日見てきた映画は「ガンダムSEED FREEDOM」です。
若干ネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

本作はテレビシリーズ「ガンダムSEED DESTINY」の続編。
SEEDは、ファーストガンダムをうまくオマージュしたシリーズなので、結構ファンが多かった印象がありました。

 

ファーストガンダムでは、ニュータイプ vs オールドタイプという構図でしたが、SEEDの世界では、コーディネーター vs ナチュラル という対立構造が描かれています。

 

コーディネーターは、遺伝子調整して生まれた人たち。そのため、生まれながらにして高い能力をもっています。「ガンダムSEED FREEDOM」では、さらにアコードという人類を導く存在が登場します。彼らは、人の心が読めるという特殊能力までもっています。遺伝子操作だけで、こんなことできるのが謎ですが・・・

 

本作は、コーディネーターの最高峰の存在として生まれたキラ・ヤマトが主人公。

 

遺伝子的には至高の存在でも、出来ないことがあり、悩みは尽きないことが描かれます。そして、愛する人が求めるものを実現出来ない。さらに、他人が弱く見え、任せることが出来ないなど、単純に個々人の能力を上げるだけでは解決できない問題が存在することを提示しているな、と感じました。また、キラを抹殺しようとするアコードたちからは、能力がありすぎるかゆえの傲慢さ、という側面も描かれています。


ガンダムSEED」シリーズは、この映画も含め、「定められた人生か、選択していく人生か?」をテーマにしていると感じています。

根源的には、『君たちはどう生きるのか?』と似通っていますが、モビルスーツ戦や、恋愛要素のおかげで、そこまでシリアスになりすぎないので、楽しみやすい映画になっていると思います。

 

そしてガンダムといえば、モビルスーツ同士の戦闘も見どころの1つ。

 

ファーストガンダムから、ゲルググ、ギャン、ズゴックが登場。
また、ゼータガンダム百式よろしく金色カラーのMSも登場し、おいしいところをもっていきます。また、コロニーレーザー的な巨大ビーム兵器が戦局を揺るがすことも共通しているので、ガンダムファンなら必見だと思います。

新キャラだけではなく、SEEDシリーズの人気キャラ達も、それぞれ活躍するのがうれしいところ。面白そう!と思ったら、映画館へGOです。

 

www.gundam-seed.net

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

やりたいことを先送りした未来の果てにあるもの

昨日、見たいみたいとおもっていた映画を見てきました。

 

ほんと、やりたいことを先送りしてしまうのは悪い癖ですね。いつもストレスがたまるのは間違いないです。行きつく先は、自分が何のために生きているのか、それさえわからなくなる、そんな人生かもしれません。

 

見に行った映画のテーマも、人生を自分で選択するか、それとも生まれた時に定められた役割に従うのか?でした。

 

人間の自由意志を尊重するといえば聞こえはいいです。ただ、争いは絶えることはない
。そんな世界か。

それとも遺伝子によって明確に役割を決められ、それに従っていきるしかない世界か。
この世界は、戦争をなくすことはできるかもしれないし、自分の生きる意味がわからないとか、何をすればいいのかわからない、といったことが人生からなくなるでしょう。

 

映画では、主人公たちは前者を選びます。


今を生きる私たちは、自分がやりたいからやるんだ!というような、自らの意思で人生を選択することが大事だと、改めて思った次第です。あなたも、自分がなにをしたいのかを意識して、しっかりそれをやってみてください。きっと、毎日が今より楽しくなると思います。逆に、やりたいことをやらず、その他のことを優先しているとしたら、何のために生きているのでしょうか?

 

何の映画を見たかって?

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

人生とは、自分だけの正解を探す旅路である

はっきり言おう、この世は「間違い」であふれていると。

 

たしかに、数学のように計算には正解があるかもしれない。
ただ、それ以外の事柄では、絶対的な正解などない。

 

逆に言うと、私たち一人ひとり、そして生きているその瞬間の数だけ、それぞれの正解がある、ということだ。

 

さいころから、学校の試験の連続で、正解と間違いを経験してきた私たちには、どうしても絶対の正解を求めてしまう癖がついている。そして、いざ社会人になってみるると、100点満点の正解など全くない事態に直面する。ダイハツのように、社内で正解だと思った論理が、社会では通じない、なんてことを自分で経験したり、ニュースなどで見たりしたことはあると思う。社内でも、部署などどんどん変わっていくし、自分自身の価値観だって変わってしまうのだ。

 

今、結婚したくない人が増えているというが、収入の問題だけでなく、他人と一緒に生活することで発生する様々な制約を受けたくないとか、そもそも、結婚する相手を間違うリスクを恐れている、という可能性もあるだろう。たとえ結婚して子供を授かったとしても、どう育てればいいのか、迷いはつきない。「ほめて育てればいい」という人もいれば、反対のことを言う人もいる。何が正解かわからなくなり、思考停止してしまう人が出てくるのも無理はない。

 

だからこそ必要なのは、そもそも「正解なんてない」と認識することだ。そうすることで、間違いを気にする必要がなくなる。それだけで、心の負担が相当に減るのではないだろうか?大事なのは、その瞬間の自分の思考や感情を大切にすること。そして、それに基づいて行動することだ。とはいえ、自分の発言や行動には、責任が伴うことも覚えておきたい。

 

想像してほしい。
あなたが理想とする世界で、人々はどんなことをしているだろうか?

 

誰もが、自分の大好きなことをしていて、支えあっている世界。パンを作るのが好きな人がパンを焼き、トラックを運転するのが好きな人は、様々な商品を、遠くに楽しそうに届けている。歌うのが好きな人は、毎日感謝の歌を歌っている。みんな、自分が大好きなことをすることで、社会全体がキレイに回っていて「ありがとう」の言葉であふれている。そんな世界になったらいいなと私は思う。あなたがどうだろうか?

 

もし、できることなら、あなたが理想とする世界でしているような行動をしてほしい。そういう人が少しでも増えれば、きっと世界は少しづつ良くなっていくはずだ。


今日は、末吉宏臣さんの『発信する勇気』を読んでインスパイアされた内容をお届けしました。


ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

ポジティブ思考全盛期ですが、ネガティブも結構重要な件

昨日は、「ネガティブを打破したい人」向けの投稿をしていて何ですが、今日は逆の話です。

 

happyrich50s.hatenablog.com

 

ポジティブに考えがちな人も、ネガティブに考えがちな人もいると思います。ただ、100%ポジティブな人も、反対に100%ネガティブな人もいません。どんなにポジティブな人でも、不安に思うことは必ずあります。あの松岡修造さんも『ネガティブが人を強くする!』という本で、自分はネガティブ人間だと言っています。テレビなどで見る彼は、ネガティブな部分をポジティブに脳内変換した姿だと、ご自身で語っています。

また、先日亡くなった、ダイソーの創業者の矢野博丈さんも、ネガティブだったと言います。彼の言葉には、ネガティブが満載です。例えば、

 

ダイソーなんて底の浅い商品ですから、やがて潰れるに決まってると確信を持っていました

 

ダイソーはつぶれる。そうしないために、一緒にがんばりましょう、と社員に言っている。


好調なときに、「いつかはダメになる、こんなことが長く続くわけがない」と恐れおののく力が会社の力だと思う。

 

 

 

といった具合です。

こういった言葉に接して感じることは、「うまくいかない可能性」に目を向けることの重要性です。今、仕事がうまくいってても、未来はどうなるかわかりません。日本は地震が多い国。私が生きている間だけでも、阪神淡路大震災東日本大震災能登半島地震がありました。今関東に住んでいるので、生きているうちに、大きな地震にあう可能性は十分あると考えるほうが自然です。そのときどうするのかを考えて、水や食料を備蓄したりするのは、必要なことだと思います。お金を複数の銀行に分散させたり、株式や不動産に分散投資したり、金を買っている人もいるかもしれません。矢野博丈さん風に言うと、

 

「いつかは被災する。今の生活が長く続くわけがない」

そう思えるかどうかで、人生が全然違ってきます。


そして、人間関係はポジティブとネガティブの綱引きだと認識することも大事だと思います。上司や社長がポジティブだと、社員がネガティブになりがちです。すごくポジティブな人と接すると、自分の気持ちがネガティブになるというのは、経験があるのではないでしょうか?上司がポジティブすぎる目標を掲げると、部下たちはそんなの無理、と考えてしまいがちですし、矢野博丈さんのように、社長がネガティブだと、反対に社員がポジティブに頑張る、ということもあります。

 

あなたも、「自分にはできない」「私には無理だ」というような人に対して、「あなたならできるよ」とか勇気づけたくなったことが、一度くらいはあるのではないでしょうか?反対に、アンミカさんのように、いつもポジティブな人を見て、自分はあんな風にはなれない、無理だ、と感じたことがある人も、いると思います。

 

私たちは、ポジティブ100%にも、ネガティブ100%にもなれません。どちらかに極端に傾くと、かならず反動がきます。ネガティブを無視し続け病気になってしまったり、部下が一斉に辞めてしまうなどの話は、枚挙にいとまがありません。自分の中にある、そして、誰かの中にあるネガティブな感情を、否定せずに受け入れることができる、そんな人間になりたいものですね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

 

ネガティブを打破したい人は必読 「思考は現実化する」の鍵を握る1冊

「思考は現実化する」って、聞いたことありませんか?

 

きっと、この言葉自体は聞いたことがある、という人は多いのではないかと思います。でも、それって嘘くさい、と感じている人もたくさんいると思います。だって、受験に落ちたり、誰かに振られたり、仕事でミスしたりなど、誰しも望んでいない現実を経験しているからです。

 

とはいえ、自分のやりたいことが次々と実現できるとしたら、いいなぁと思うのも事実。


そんな人におすすめしたい1冊が、市居愛さんの

『ヒル先生、思考は現実化するって本当ですか?』

です。

 

本書は、夫婦そろって仕事を失い、夫婦無職で子供を抱え、住宅ローンに悩まされた経験をもつ著者が、どうやって思考を現実化させてきたのか、その秘訣が質疑応答形式でまとめられています。

 

特に「思考は現実化する」の基本概念の説明は秀逸です!

 

「なぜ、願いがかなわないのか?」
その理由は、願望についてちゃんと考えていないから。

「こうなりたい」「こうしたい」と思っているだけではだめ。
願望を日々考え、信じることが欠かせないというのです。

例えば、大谷翔平選手は小さいころから
アメリカのプロリーグで活躍する」という願望を持っていた。
そしてそれを信じ続け、鍛錬を怠らなかったから、今の活躍があるわけです。

私たちが、望まない現実を作っている理由も明かされています。

 

1)望む現実について考えなかった。
2)考えないから信じることもできなかった
3)現実にならなかった

 

というのです。


ここでもう1つ疑問が生まれると思います。
では、望む現実について考えなかったら、何が現実化するのか?ということです。

 

それもしっかり説明されています。
この場合、自分が繰り返し考えていて、信じていることが現実になる、です。

 

例えば、お金持ちになりたい、と願ったとしても、「自分には無理だ」「お金がない」ということを繰り返し考えているとしたら、後者のほうが現実になる、というわけえです。だからこそ、重要なのは、頭の中にある「ネガティブなおしゃべり」をやめること!

 

じゃあ、自分の願望をどうやってみつけるのか?頭の中の否定的なおしゃべりはどうしたら辞められるのか?このあたりのことも、本書の中盤から後半でしっかり書かれています。


ただ、本に書かれていることを実践するには、練習が必要でしょう。特に、初めてのことに挑戦するときは、必ずネガティブな声が聞こえてくるものです。その対処法を知りたい方は、ぜひ手にとってみてください。


『ヒル先生、思考は現実化するって本当ですか?』





ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!