50代からでも、自分の大好きなことを探せるのか?

50代男が、大好きなことを探しはじめたらどうなるのか?

読書を自分の武器にしたい人 必読の1冊

読んだ本、あなたの武器になっていますか?
本を武器にしたい人もいれば、そうでない人もいると思います。
私も、どちらかというと読書を趣味にしておきたい部類です。ただ、仕事に直結しなくても、読んだ本の内容を、しっかり覚えておきたいという人は、多いのではないでしょうか?

 

そんな人におすすめの本が、尾藤 克之さんの

『読書を自分の武器にする技術』です。

 

尾藤さんは、過去に1万冊以上の本を紹介したといいます。それだけでもスバ抜けた実績ですが、それだけではありません。なんと、書籍を紹介した文章が過去にYahooニュースでアクセス1位を何度も獲得し、1億PV以上を記録しているのです。そんな、情報発信の
プロがどんな風に読書しているのか、気になりませんか?

読書というと、最初から最後まで読まなければならない、と思っている人が多いと思います。ですが、本書によると

 

・本の要点は3分の1にある>本はその3分の1だけ読めばいい
・本の2割を読めば、8割の重要な情報がわかる

 

というのです。その前提が、本を読む目的を定めるということ。
つまりは、目的に沿った部分さえ読めれば問題ないわけです。

 

そして、本をたくさん読めば読むほど、多くのビジネス書では、類似したことが書いてあることがわかってきます。これは、本をいっぱい読んでいる方なら、おわかりいただけると思います。

そして、本書の特徴的なところは、これまでの「読書術の本」の傾向と分類です。
それによると、読書術の本は、以下の5つに分類できるとのこと。

 

1)読書のスキルやテクニックを向上させるもの
2)読書の効果やメリットを紹介するもの
3)読書の速度や効率を高めるもの
4)読書の内容や理解度を深めるもの
5)読書の習慣や環境に焦点をあてたもの

 

中でも、フォトリーディングに関する記述には興味深いものがありました。というのお、私自身が、フォトリーディングの講座を受講した経験があるからです。決して安くはない受講料でしたが、読書速度は確かに向上したのです。ただ、本書によると、複数の大学の研究によって、その効果は否定されているとのこと。私も、フォトリーディングにある、写真のようにページの内容を記憶する、という部分は否定的です。何冊フォトリーディングしても、書かれている内容を写真のように思い出すことはできなかったからです。ただ、こうした画像の記憶については、発達障害の人などが実践できるということもあるようです。ただ、一般の人には難しいのではないかと思います。

 

ただ、フォトリーディングの講座では、読書の目的を設定し、目次を精査して、どこがポイントなのかを予想しておくことが欠かせないということも教えていました。このあたり、本書にあるように、「本はその3分の1だけ読めばいい」ということも、フォトリーディングには含まれていた、ということだと考えています。このあたり、速読に興味がある方には、ぜひ読んでほしいと思います。

 


『読書を自分の武器にする技術』

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

AI活用のポジティブな未来を妄想していみる

最近のAIって、ほんとすごいと思いませんか?


文章は作ってくれるし、画像や動画まで作ってくれます。しかも、かなりの高いクオリティーで。もちろん、プロが制作したものに比べれば劣るとは思いますが、素人には判別がつかない場合もあるようです。1990年代にAI関連の仕事でしていた身としては、隔世の感があります。

 

今のAIは、こちらがあれこれ指示しないと動かないわけですが、将来的には、AIが自動でユーザーをサポートするようになるでしょう。わかりやすい例だと、自動運転ですが、今のように目的地を設定しなくても、カレンダーを参照して、自動的に目的地まで送り届けるようになるかもしれません。

 

執事のように個々人に1つのAIが寄り添う、ということになる可能性もあります。
あなたのやりたいことに合わせて、トレーニングメニューや、食事のメニューを組んでくれたり、実際に料理を出すところまで実現することもできるでしょう。これまでの食事内容を全て把握していて、栄養に偏りがあれば、それを是正してくれたり、新しい店の食事が、あなたの好みに合うものだけを、ピックアップしてくれるなんてこともできるでしょう。

 

目覚まし時計など、もちろん不要。スケジュールにあわせて毎朝起こしてくれたら、いいですよね。あなたの体格や肌の色などにあわせて洋服を提案してきて、それがいいなと思ったら、購入手続きまでやってくれたら、ファッション迷子もいなくなるでしょう。

 

悩み事を、気が済むまでAIが親身になって聞いてくれたり、カスハラ対応もAIがやってくれることで、精神を病む人が少なくなるかもしれません。

 

そして、個々人のAI同士が連携をとるようになる、という可能性もあります。AI同士が、恋人の運命の出会いを演出してくれる。好みだけではなく、遺伝子的に良い組み合わせのカップルが誕生なんてのも、不可能じゃなさそうです。また、多くの争いごとの原因である、感情的なもつれの問題も、AI同士がうまく解決してくれる可能性だってありますよね。そうすれば、この地球から争いが減っていくかもしれません。

 

SFの名作と言われるものでも、AIが人類を滅ぼそうとするのは多いですが、AIが人類にどううまく使われるのかを見せてくれるものって少ないと思います。きっと、人間側がそれほどAIを脅威と捉えているからではないでしょうか?確かにそういう可能性もありますが、鉄腕アトムのように、人間を助けてくれるあり方も、想像したいですね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

収入源の多様化を考える:不確実な時代の生存戦略

あなたはいくつの収入源を確保していますか?


毎月の給料だけ、という人は多いと思います。
ただ、それは結構危険なことだと、知っているでしょうか?

 

これまでに比べて、先が読めなくなっている今、公務員以外はこの先10年、20年先、に会社がどうなっているか、全然わからないと思います。以前は花形業種だった銀行は店舗の統廃合が進んでいます。半導体や、家電も、日本が世界一の時代がありましたが、今では中国・韓国に抜かれてしまいました。今は調子のいい自動車も、この先どうなるかわかりません。そもそも、AIに奪われる業界すらあるかもしれないのです。

 

新型コロナで外食やホテル、タクシーなどの業界が大ダメージを受けたのは、記憶に新しいところですね。ロシアによるウクライナ侵攻で、燃料費が高騰したり、小麦の値段が上がったりなど、パンデミックや自然災害以外でも「想定外」が起こりえるのです。

 

こんな時代だからこそ、1つの収入源だけに依存するのは危険です。
幸いなことに、副業OKな会社も増えていますし、多様な働き方が許されるようになってきました。自分が好きで得意なことで週末だけ副業するってこともありです。自分が副業してうまくいった手法をマニュアル化して販売することだって、できるでしょう。副業がNGだったとしても、投資で配当をもらうなども、収入源の1つにすることだって、できます。

 

また、収入源を増やす以外にも、収入がなくなったときに頼れる人を見つけておく、というのもリスクヘッジの手段の1つです。これは、人間関係が上手な人ができる手法でしょう。人間関係がそこまで得意じゃないという人でも、普段から人に親切にしておいたり、助けておくことと、万が一の時に手を差し伸べてくれる人が出てくるかもしれません。そういう意味で、正直に仕事をしたり、誰かの役にたつことを心がけていれば、正直者が馬鹿を見るということにはならないと思います。あなたは、どんな収入源を確保したいのか、考えてみて下さい。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

 

動画生成AI「Sora」で何が変わるのか?

chatGPT、使ってますか?
昨年から話題になっている生成AI、使っている人のほうがまだまだ少ないと思います。でも、使ってる人は、使いまくってます。私は文章関係のみで活用してますが、プログラミングに使ったり、英会話に使ったり、画像生成に使ったりと、活用法はどんどん広がっているみたいです。日本も国産の生成AIに力を入れるようで、マイクロソフトと協議しているようですが、果たしてどうなるのやら?

 

chatGPTの開発元であるopenAIの新しい動画生成AI「Sora」が先日発表されました。
これはテレビでもやっていたので、知っている方も多いと思います。

 

簡単に言うと、場面設定、登場人物、動きなどを文章で指定すると、最長1分の動画を生成する、というものです。百聞は一見に如かずなので、WBSの動画見てみてください

 

youtu.be

 

まだ一般公開されてませんが、これが誰でも使えるようになると、誰でも動画クリエイターになれるってことです。「Sora」を使った動画が、YouTubeTikTokにあふれるかもしれません。最長1分までの動画しか生成できない仕様も、ショート動画向けですよね。暴力的なことや、肖像権の侵害ができない仕組みになるとのことなので、ある程度安心。とはいえ、ギリギリを狙ってくるやからもでそう。

 

これまで空想だけで、自分じゃうまく表現できなかったという世界を、このAIを使うことでやっと世に出せた!という人も出てくると思います。まったくの無名だった人が、動画クリエイターとして出てくるでしょう。逆に今の動画クリエイターで駆逐される人も出そうです。「Sora」にどういうキーワードを設定すればいいのかを指導する人も一定数出てきます。「Sora」に続く動画生成AIも出てくると思うので、1つの業種を生みだす可能性もありますね。

 

動画生成は、GPUパワーを消費するので、NVIDIAなどの関連株が今より重要になりそう。NVIDIA時価総額はすでに、amazonGoogleを超えていますが、どこまで伸びていくのかも注目したいところです。

 

そういう生成AIは、道具でしかないので、扱う人間次第。
「Sora」をどう使うのか、人間が試されますね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

中国の春節、90億人大移動の裏

今週のお題「大移動」

 

今週のお題大移動」に乗っかっります。


中国では春節で民族大移動の時期です。
春節は、日本でいうとお盆のようなもので、実家に帰って家族と過ごす人が多いわけです。毎年ニュースになりますが、今年の大移動の人数は、なんと90億人です。

 

この中国の移動人数は、昨年は20億人でした。昨年までは、飛行機や鉄道を使った人数をカウントしていたとのこと。そして、今年はそこに自動車で移動する人もカウントに入れたということで、数字が跳ね上がりました。いやいや、中国の人口って14億だし、世界の人口も80億人ですよね。どうしたらこんな人数になるんだろうと思ったら、行きと帰りの両方をカウントしたりしているようです。どこか観光地に行ったりすると、それも行きと帰りをカウントするわけで、「大移動」の人数がかさ上げされるという仕組みのようです。日本人の感覚からすると、なんじゃそりゃ?ですが、中国人の感覚だと、どうだ、中国すごいだろ!なのかもしれません。そもそも、中国政府の発表する統計値が正確かどうか、よくわからないですが、ここまで強弁できるのもすごいものです。

 

とはいえ、日本でも企業の不正が相次いでいることを考えると、組織の中では個人の正義感は容易に上書きされてしまうものだなと思います。周りがどうあれ、自分はこう思う!ということを発信するというのは、マジで大事なことだなと思います。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

バレンタイン、マーケティング戦略の闇

 

こんにちは。ここ3日ほど、体調不良で苦しんでおりました。
38度いかないくらいの微熱でしたが、どういうわけか、おなかの調子も悪くて、食欲がかなりなくなっていたのです。昨年、コロナに罹患した際、高熱を出しましたが、あの時に比べても食欲が落ちたのが不思議でした。普段、食欲がここまで落ちる経験がなかったので、精神的にもきつかったですね。

 

さて、そんな感じで寝込んでいるうちに、バレンタインもすぎ、春一番も吹いていました。ほんと、時の流れは残酷です(笑

 

バレンタインに関して、毎年思っていることがあります。バレンタインって、チョコレート業界のマーケティング戦略だよね~ってことです。あの義理チョコなるものも、チョコの売上を伸ばしたいコンサルタントが考えついたものって、知ってましたか?

 

土用の丑の日も、夏に売上げが少なかったうなぎ屋をすくうため、平賀源内の発案で恥合ったものですし、廃棄問題で話題になった恵方巻も、関東に進出してきたのは、ほんの最近のことですよね。恵方巻は、戦前に大阪の寿司商組合がはじめ、戦後に海苔問屋協同組合と組んで「幸運巻寿司」として売り出したのがきっかけと言われています。関東にまで広がってきたのは、ここ10年以内のこと。たぶんコンビニの戦略ですね。私も、出回ってきた時に、1回だけ食べてみましたが、それ以降はもういいかなと特に気にしなくなりました。あなたはどうでしょうか?

 

こういった「お金を使わせよう」というマーケティングは、私たちの周りにあふれている、ということを意識しておかないと、お金を貯めるのは難しいでしょう。お金持ちは、普通の人と違う価値観で行動しているというのを聞いたことがある人もいると思います。人がやってるから自分も・・・ということをやめることが、お金持ちへの一歩になるかもしれませんね。


ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!

日本で自動運転は進むのか?命の重さと責任論の天秤に関する私見

 

車の運転、好きですか?

今、車を運転する人は、以前より少なくなっていると思います。
ただ、運転とか車、好きな人はめっちゃ好きですよね。
男の子、ミニカー好きがなぜかいます。ポアロの小説を読むと、100年前くらいでも男性には自動車好きがいるようだったので、男性にはメカ好きが一定数いるのは、時代によらないのかもしれません。

 

私も、車自体は、そこそこ興味はありました。ミニカーも好きだったし、スーパーカー消しゴムももってました。当時、『サーキットの狼』という漫画が流行っていましたが、私も読んでいました。その後、社会人になって、1年ほどで車を買って、なんだかんだで毎週のように乗っていたのを覚えています。ただ、仕事が忙しくなって、車に乗る時間が少なくなるにつれて、だんだん興味を失っていったのです。そして、現時点ではそこまで車、そして運転に関して、かなり興味を失っている状態です。運転に関しては年齢的なものも大きいなと感じています。車の運転の楽しさって、自分が思ったとおりに車を操る感覚にあると思います。と同時に、人間の持つ能力を結構酷使しますよね。20代のころはあまり感じることはなかったのですが、40代以降、車の運転のあと、疲労を感じるようになりました。その後、運転に関して若干の面倒くささを感じるようになっていったのです。

 

そんな時、自動運転の技術が発達してきたのです。
私は以前、AIに関する仕事をしていた時期があるので、AI技術をベースにした自動運転の話も、興味を持っていたのです。数年前から、日本各地で実証実験が行われているのを知っている方もいらっしゃると思います。2016年段階では、2020年の本格サービス開始を目指していると言われていた実験もあったのですが、現状は、かなり後れていると言わざるを得ませんね。

 

toyokeizai.net

 

ただ、2023年、生成AIがかなり実用的になり、企業での導入も進んだことで、AIは社会に浸透しはじめたと思います。また、タクシーやバス、トラックなどのドライバー不足も、自動運転の普及を後押しする要素ですね。2024年夏には、お台場でトヨタが自動運転「レベル4」のタクシー事業をスタートするというニュースがありました。

 

www.yomiuri.co.jp

 

これがうまく行けば、2025年以降は、運転手不足が補うという目的で、自動運転が少しづつ広がっていくと考えています。

 

自動運転が普及すると、以下の3つが確実に減ります。

 

・飲酒運転
・あおり運転
・高齢ドライバーによる事故

 

もちろん、ドライバー不足の解消にも役に立つでしょうし、人間の運転よりも燃費もよくなる可能性が高く、エネルギー問題や、脱炭素化も進むと思います。これら、大きな社会問題を解決する可能性が高く、それによってたくさんの人の命が救われるのが自動運転です。

 

唯一、気がかりなのは、事故の責任論です。どんなにAIの精度が高まったとしても、事後をゼロにすることは不可能でしょう。そして、事故が起きた場合の責任を誰がとることになるのか?ということを解決することが欠かせないはず。ただ、人の命が最も大切、というのなら、責任の所在よりも、人身事故が少なくなるような方策をとっていくことのほうが大切だと、個人的には思います。人によっては、命よりも誰かに責任と取らせることのほうが大事だという方もいらっしゃると思います。そこは、論議の余地はあるでしょうし、国会などでも取り上げてほしいなと思います。自分の考えと近い人に選挙で投票したいですね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。
いいな、とおもったら、読者登録お願いします!